資金調達支援

資金調達の種類

会社の自己資金だけで安定していれば資金調達の必要がありませんが、そのような会社はあまり多くないです。
資金調達には様々な種類があるのはご存知でしょうか。


【融資】
① 政府系金融機関
② 信用保証協会の保証
③ 銀行
④ ノンバンク


【助成金・補助金】
返済がいらない、国や自治体、財団などが給付している。さまざまな補助金制度があり、要件に合えば支給される可能性がある。

【投資】
成長見込みの高いベンチャー企業に対して、資金提供や経営アドバイスをする個人の投資家、中小企業投資育成会社から投資してもらう。

【社債発行】
一般投資家向けの公募社債、特定の投資家向けの私募債の2種類がある。中小企業等が非公開会社が発行する社債は私募債です。

資金調達の流れ

現状分析
現状分析

現状に対して適切な資金調達を検討するため、お客様の状況を決算書や試算表などを基にしてヒアリングや分析をします。

事業計画作成
事業計画作成

資金調達には事業計画を作成する必要があります。
資金の出資者側にお客様の将来の収益性を理解してもらいやすくするため、マーケット分析なども行います。

関係者との0交渉
関係者との交渉

主に金融機関などの出資者との交渉をお手伝いします。安定的な資金調達をするためにも出資者との関係構築についてサポートします。

お客様の事例

お客様の事例

1. 震災後の対応
東日本大震災による東京電力への損害賠償請求を行い、各種会計資料の作成に御協力頂きありがとうございました。 

2. 新規融資
新規融資銀行と交渉するにあたり事前に問題点を指摘して頂いた結果、対策を終了し融資申込を行いました。無事融資20百万円を受け、今後も継続的な融資体制をとることができました。